オプションプログラム

HOME > 日本語 > 讃岐のり染体験 

讃岐のり染体験 

香川県の伝統工芸品「讃岐のり染」は、もち米を糊として使った珍しい技法の染物で、江戸時代には高松城の紺屋町にたくさん染物屋がありました。
琴平でその技法を代々受け継ぎ、日本最古の芝居小屋「旧金毘羅大芝居」で行われる「四国こんぴら歌舞伎大芝居」の幟の染も手掛ける 染匠 吉野屋で四代目から直接指導を受けて染め上げるトートバックののり染体験。体験はもちろん、のり染の歴史や作業場の見学などもご体験いただけます。染め上げたバックはマイバックとして使用できます。

※城泊の暖簾、クッション、ポーチなどを作成いただいております。

ジャンル
伝統
提供期間
通年
提供場所
染匠 吉野屋(琴平)
体験時間
70~90分 9:00〜17:00
予約手仕舞い
ご宿泊日の 7日前まで
体験料
2名料金 43,000円(税込)