從江戶時代起,時至今日仍會擊響時太鼓,持續為丸龜城和城下町報時,從時太鼓所在的「太鼓門」大手一之門入城,是入住丸龜城的第一步。唯有這個時候,會專為入住貴賓特別擊響入城信號。之後則會展開丸龜和太鼓的迎賓演奏。

丸亀城入城体験

城泊のスタートは、江戸時代から丸亀城と城下に時を知らせ続け、今もなお続く時太鼓が打ち鳴らされる「太鼓門」大手一の門から入城。この時だけは、ご宿泊者様の入城を知らせる合図として特別に打ち鳴らします。そののち、まるがめ和太鼓にて歓迎の演奏を。

大手一の門は、1670年に建築された櫓門で国の重要文化財。江戸時代には、藩士が太鼓を打って時間を知らせていたことから別名「太鼓門」とも呼ばれています。その伝統を引き継ぎ、今もなお「時太鼓」として正午に打ち鳴らされています。

この太鼓文化の伝統からか現代の丸亀文化においても特別な場面で演奏される丸亀和太鼓は、まるがめ太鼓保存会がその文化を継承しています。

丸亀うちわ制作体験

海と山に囲まれた風光明媚な地、丸亀が金比羅参詣の流行に伴い往来する人々でにぎわった時代。参拝客の“涼”を支え、土産品として人気を博し、今世へと引き継がれている「丸亀うちわ」。

うちわ職人の中でも難しい技術や技法を習得した伝統工芸士から直接教えてもらえるうちわ作り。竹うちわの生産シェア日本一の伝統を守る職人さん達と「心」を通わせる特別な時間。

煎茶道体験

5代藩主 京極高中公も愉しんだだろう、現存する日本最古の煎茶席である通常非公開の「観潮楼」にて、中津万象園の趣を感じながら安倍流家元によるお手前をいただく特別な体験。 一般的に知られる抹茶道とは違った煎茶道の流儀を学ぶ。

丸龜坐落在依山傍海的風光明媚之地,過去有段時期因為金比羅參拜的盛行,此地人潮絡繹不絕、熱鬧非凡。傳承至今的「丸龜團扇」不只為參拜信徒提供了「涼爽」,也是廣受歡迎的伴手禮。

丸亀城入城体験

城泊のスタートは、江戸時代から丸亀城と城下に時を知らせ続け、今もなお続く時太鼓が打ち鳴らされる「太鼓門」大手一の門から入城。この時だけは、ご宿泊者様の入城を知らせる合図として特別に打ち鳴らします。そののち、まるがめ和太鼓にて歓迎の演奏を。

大手一の門は、1670年に建築された櫓門で国の重要文化財。江戸時代には、藩士が太鼓を打って時間を知らせていたことから別名「太鼓門」とも呼ばれています。その伝統を引き継ぎ、今もなお「時太鼓」として正午に打ち鳴らされています。

この太鼓文化の伝統からか現代の丸亀文化においても特別な場面で演奏される丸亀和太鼓は、まるがめ太鼓保存会がその文化を継承しています。

丸亀うちわ制作体験

海と山に囲まれた風光明媚な地、丸亀が金比羅参詣の流行に伴い往来する人々でにぎわった時代。参拝客の“涼”を支え、土産品として人気を博し、今世へと引き継がれている「丸亀うちわ」。

うちわ職人の中でも難しい技術や技法を習得した伝統工芸士から直接教えてもらえるうちわ作り。竹うちわの生産シェア日本一の伝統を守る職人さん達と「心」を通わせる特別な時間。

煎茶道体験

5代藩主 京極高中公も愉しんだだろう、現存する日本最古の煎茶席である通常非公開の「観潮楼」にて、中津万象園の趣を感じながら安倍流家元によるお手前をいただく特別な体験。 一般的に知られる抹茶道とは違った煎茶道の流儀を学ぶ。

「觀潮樓」是現存最古老的煎茶席,一般不對外開放,可在此一邊感受中津萬象園的風情,一邊享用第五代藩主京極高中公或許也曾品嘗過的安倍流宗家手藝。煎茶道有別於一般廣為人知的抹茶道,可以在此學習其禮儀。

丸亀城入城体験

城泊のスタートは、江戸時代から丸亀城と城下に時を知らせ続け、今もなお続く時太鼓が打ち鳴らされる「太鼓門」大手一の門から入城。この時だけは、ご宿泊者様の入城を知らせる合図として特別に打ち鳴らします。そののち、まるがめ和太鼓にて歓迎の演奏を。

大手一の門は、1670年に建築された櫓門で国の重要文化財。江戸時代には、藩士が太鼓を打って時間を知らせていたことから別名「太鼓門」とも呼ばれています。その伝統を引き継ぎ、今もなお「時太鼓」として正午に打ち鳴らされています。

この太鼓文化の伝統からか現代の丸亀文化においても特別な場面で演奏される丸亀和太鼓は、まるがめ太鼓保存会がその文化を継承しています。

丸亀うちわ制作体験

海と山に囲まれた風光明媚な地、丸亀が金比羅参詣の流行に伴い往来する人々でにぎわった時代。参拝客の“涼”を支え、土産品として人気を博し、今世へと引き継がれている「丸亀うちわ」。

うちわ職人の中でも難しい技術や技法を習得した伝統工芸士から直接教えてもらえるうちわ作り。竹うちわの生産シェア日本一の伝統を守る職人さん達と「心」を通わせる特別な時間。

煎茶道体験

5代藩主 京極高中公も愉しんだだろう、現存する日本最古の煎茶席である通常非公開の「観潮楼」にて、中津万象園の趣を感じながら安倍流家元によるお手前をいただく特別な体験。 一般的に知られる抹茶道とは違った煎茶道の流儀を学ぶ。